FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼平犯科帳スペシャル 一寸の虫

  • 2011/11/25(金) 23:45:20

こんばんは!二段です。

今日のお仕事は、店長とチーフの2人が風邪をひいてしまっていて、元気なのが二段だけという大変な1日でした(爆)
とにかく、お2人とも声が掠れて苦しそうなので(; ̄O ̄)

レジのお客様はもちろん
試着のご案内も率先して二段がやっていたのですが・・・。

なんかね。
レジの近くにいる店長が接客しようと歩いている時に、後ろから「お伺いします!」とかって言って必死で駆け寄っている自分って

コントみたいだよな・・・。

と、今になって気がついた(爆)

うーん。どう考えても変だったんじゃ・・。
というか、変だったんじゃ・・・。



まぁ、今更どうしようもありませんが!!( ̄▽ ̄)


さて、本日も夜ご飯中に「鬼平犯科帳」見ていたんですけど・・・

今日は「鬼平犯科帳 スペシャル」だったらしく、いつもよりも長い放送でしたo(^▽^)o
しかも、新しいメンツもちらほら。

おぉ!これは面白そう!!

と、思って父親と一緒に見ていたのですが・・・。

やっぱり号泣しました。( ̄▽ ̄)


今回はね~「一寸の虫」という題名の話で、今年作られた最新作だったようです。
この話のメインは2人なんですけど、二段は「仁三郎さん」の方が好きでした!(誰も聞いてないから!)
寺脇さんはとても大好きな役者さんなので、そのせいで余計に感情移入していたところはあったのかもしれないですけど(笑)

それでですね。
この仁三郎さん。本当に良い人なんですよ!(T ^ T)
泣けるくらい!!

連続ドラマじゃないので、しょうがないですが
レギュラーになって欲しい人」でしたね!!

もうね・・・。
この人は幸せになってもらいたい。
このまま鬼平の密偵として働き続けて欲しい。
と、ひたすら祈ってました。

しかし、漂う死のかほり・・・。
これは・・まずいんじゃないか?

そう考えた二段は

どうか、仁三郎さんが酷い目にあいませんように。
誰かが死ぬ話なら富田庄五郎の方が死にますように。


と、ひたすら願っていました☆(最低!!)

・・・まぁ、彼らがどうなったかは皆さまの目で確かめてくださいね(^_-)-☆

あと、今回は「おまささん」が素敵でしたね~。
仁三郎さんを気にかけてあげててね、とっても優しいんですよ!

仁三郎さんが鬼平に感激していたりするのを見て瞳を潤ませていたりしていて。
そういうのが妙に二段の涙腺にクリティカルヒットしたので、困りました(笑)

最後の台詞とかとくにね・・・。
あそこは号泣したなぁ。
まさに、そうだよね!!と、共感。


あのシーンで


おまささんに、惚れました!!(爆)


いや、元から惚れていましたけどね(笑)

あと、この話は長かったんですけど、1番最後が1番好きなシーンですね~。
あんなに好きだと言っていた、仁三郎さんとおまささんは出てこないんですが(笑)

お頭が素敵すぎて(笑)

分かってはいたけれど、予想通りだったのが気持ちよかったです♪( ´▽`)
お頭の気持ちも「やっぱりそうだったんだね!」と。
ストンと胸につっかえていた何かが落ち着くような気分になれました。

しかしこの話、いろいろと悲惨なことがあったのに、清々しい気持ちで終わらせてくれるあたりは流石という感じでした!!


そしてED曲は変わらず、おなじみのあの曲なのですが・・・。
何度聞いても良いですね~o(^▽^)o
最近、毎日聞いていますが(笑)飽きませんもん!

時代劇にあのての曲を持ってくるというところが、製作者のこだわりを感じますd(^_^o)

まさに、センスが光ってますね!!

全てにおいて洗練された大人向けの時代劇でした・・・。


感動をありがとう!! (・・・偉そうだな)



ランキング参加中です。面白かったら押して頂けると嬉しいです!
blogram投票ボタン

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。